「大人のカロリミット」の配合成分を徹底解析してみた!

大人のカロリミットに配合されている成分の効果について調べてみました
MENU

「大人のカロリミット」の配合成分を徹底解析してみた!

 

私が一ヶ月で-2.8kgのダイエットに成功した「大人のカロリミット」。
有効成分以外にも、何が含まれているか気になったので事前に調べてみたものをここでシェアしておこうと思います。

 

 

ブラックジンジャーエキス・・・150mg

古来よりタイなどで愛されてきたハーブで、痩せにくくなった体の代謝を高める作用があります。

 

ギムネマシルベスタエキス・・・40mg(総ギムネマ酸25%)

ヒンディー語で「砂糖を壊すもの」という意味を持つ、インド原産のハーブです。糖質、脂質、炭水化物の吸収を抑える働きがあります。

 

桑の葉エキス・・・200mg

健康茶としても知られ、糖質、炭水化物の吸収を抑える働きがあります。

 

鳩龍緑茶エキス・・・200mg

「鳩抗品種」と「龍井品種」という2つのお茶をブレンドした成分で、糖質、脂質、炭水化物の吸収を抑える働きがあります。

 

キトサン・・・100mg

カニやエビの甲羅に含まれる食物繊維の一種で、糖質の吸収を抑える働きがあります。

 

インゲン豆エキス・・・4.8mg

マメ科の植物で、炭水化物の吸収を抑える働きがあります。

 

「大人のカロリミット」全成分はこちら

原材料名もすべて明記しておきます。参考までにどうぞ!

緑茶エキス、桑の葉エキス末(桑の葉エキス、でんぷん分解物)、キトサン(かに)、ブラックジンジャーエキス末(フラックジンジャーエキス、でんぷん分解物)、でんぷん、ギムネマシルベスタエキス、インゲン豆エキス、セルロース、環状オリゴ糖、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、シェラック、グリセリン、レシチン(大豆由来)、甘味料(ネオテーム)、植物ワックス

 

添加物の心配は?

セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、甘味料(ネオテーム)、などこのあたりは添加物になります。

 

セルロース系はサプリメントを固める凝固剤として、ステアリン酸カルシウムは潤滑剤としてサプリメント製造時にはよく使われる人体には無害なものなので、とくに心配する必要はなさそうです。

 

甘味料として入っているこのネオテームはちょっと引っかかります。ネオテームはアスパルテームの誘導体(派生物)で毒性があると言われていますが、ネオテームは甘味が強いため使用量が少なく済むので、微量ならまったく問題ないと言われているようです。

 

できれば避けたい成分ではありますが、最近のサプリメントでは普通によく使われている添加物なので、気になる人だけ避けたほうがいいかなというレベルですね。

 

このページの先頭へ