「大人のカロリミット」の副作用とは?

大人のカロリミットファンケルに副作用や健康被害はあるのか?
MENU

大人のカロリミットは危険?副作用とかは大丈夫なの?

カロリミットは普段の食事のカロリー摂取を抑え、代謝を助けてくれるというダイエット補助食品です。食事の前に飲むだけで、気軽にちょっとしたダイエットが出来るのでこれはかなり便利ですよね。

 

ただ、やはり気になるのは「デメリット部分」かと思います。いわゆる副作用というやつですね。

 

風邪薬でも何でも、効果の裏には少なからず何かしらの副作用が存在します。風邪薬の場合だと、急に眠気が襲ってきたりしますよね。あれも軽微ながら副作用というものです。

 

 

 

カロリミットに副作用はあるの?

では、カロリミットにはそういった危惧すべき副作用はあるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと・・・安心してください。カロリミットに「副作用」は存在しません!
というのも、カロリミットはお薬ではなくサプリメントです。サプリメントは日本語では健康補助食品です。つまり、あくまで「食品」扱いなので、医薬品のような副作用は存在しません。

 

しかし、副作用はなくても、それに似たようなネガティブな症状はある可能性はあります。例えば、いくら食品でも、脂ものを食べすぎたらニキビができやすかったりだとか、ヨーグルトを食べたらお腹を下したりだとか、そういったことって誰しも経験があると思います。

 

それとまったく同じで、カロリミットも健康補助食品ではありますが、中には飲んでからお腹を下したという人もいるようです。とはいえ、これはデメリットという側面だけでなく、便秘で悩む人にとってはメリットでもありますよね。お通じが良くなるわけですから、ダイエットにも非常に有効的です。

 

もちろんすべての人がお腹を下しやすくなるというわけではありません。むしろごく少数派ですからね。私も一ヶ月飲んでみましたが、そういった症状は一切ありませんでした。でもたしかに毎日お通じはバッチリだったので、カロリミットのおかげだったのかもしれません。

 

ということで結論!カロリミットには副作用はないので、安心して毎日飲むことができます。食事の前に飲むだけで脂肪の吸収を抑えてくれるので、忙しくてダイエットする時間がないという人にオススメです^^

 

このページの先頭へ