大人のカロリミットは徐々に効かなくなる?耐性はあるの?

大人のカロリミットは飲み続けるとだんだん効きづらくなることはあるの?ダイエット効果の耐性について
MENU

大人のカロリミットは徐々に効かなくなる?耐性はあるの?

大人のカロリミットはカロリーの吸収を抑えてくれて、かつ基礎代謝を高める働きをしてくれますが、基本的にはダイエットの補助的な役割なので、継続してコツコツ続けて初めて効果が出てくると思っておいた方がいいです。

 

でも、カロリミット自体に「耐性」のようなものはないでしょうか?

 

耐性というのは、例えば痛み止めの薬を普段から飲み過ぎて、徐々にカラダが慣れてきて効果が薄れてくるというようなことを言います。「だんだん効かなくなる」というとわかりやすいかもしれません。

 

痛み止めや麻酔のように、カロリミットにも耐性はあるのでしょうか?

 

カロリミットの耐性について

結論から言うと、カロリミットは医薬品のように耐性が出来るものではありません。基本的には食物のカロリーの吸収を少しでも抑えようというものなので、飲み過ぎたり継続して飲んでいるからといって効果がなくなることはないです。

 

なので、一ヶ月くらいで効果がないからといって止めてしまうのはちょっともったいないですね。コツコツ継続すれば飲まない状態よりは確実にカロリーの摂取は制限できるので、信じてじっくり待つしかないですね。

 

ちょっと注意点!

効果が実感できないからといって、一度の極端に大量に飲んだりする人もいるようですが、それは止めておきましょう。サプリメントなので健康被害や副作用があるわけではありませんが、やはり用法容量はしっかりと守ったほうが安全です。重大な危険はなくても、お腹を壊したり下したりというような被害はないとは言い切れません。

 

少しでも早く痩せたいとはやる気持ちはものすごくよくわかりますが、コツコツゆっくりと、毎日継続していくことがダイエット成功のカギになると思います!根気よく頑張りましょう^^

このページの先頭へ